アイデア製品を創造する エムアイストーリー

blog

いびき、無呼吸症候群に、ハンモックピローが良い!と言われる理由とは?

どうして、睡眠時にいびきや無呼吸状態が起きるのでしょうか。

 

その大きな原因に、舌根の沈下があります。

舌の付け根の部分が寝ている最中に下に落ちてしまい、気道が狭くなり、空気が通りずらくなるのです。

 

舌の筋力の低下が原因と言う説もあり、舌の筋力を鍛える体操も奨励されています。

もちろん、舌の筋力を鍛えることは大切です。特にご高齢の方は嚥下しずらくなってきますので、必ず毎日された方が良いと思います。

しかし、いびきや無呼吸については若い方にも症状がある場合も多く、舌の筋肉を鍛えるだけでは解消は難しいのも事実です。

 

ではどうしたらよいのでしょうか。

ハンモックピローを、夜寝る前に5~10分位使用になった方からは、

朝起きた時の顎がガクガク鳴る症状が消えたとか、

いびきがなくなったとか、

無呼吸の症状がなくなったとか、

熟睡できたと言われる方が多くいらっしゃいます。

個人差はありますが、なぜ、このような事が起こるのでしょう。

 

頸椎に着目して考えてみると、いろいろな謎が解けてきます。

頸椎のまわりには、たくさんの筋肉が付着しています。

身体の表面に近い筋肉(表層筋)もあれば、もっと深い部分にある深層筋もあります。

 

表層筋の方は手で触れば感じることができる筋肉で、マッサージや整体でも施術してもらえる場所です。

しかし、深層筋の方は頸椎の付け根や頭蓋骨に覆われている部分にあるため、よほどの精妙な技術がある場合を除き、一般的に手技で調整することは不可能です。

 

頸椎まわりの深層筋は、直接的に頭蓋骨や頸椎を支え、首や頭の動きを補助しているので、非常に疲れやすい状態です。

しかも、ストレートネックなどで正常な頸椎の状態が崩れてしまうと、何倍もの負荷がかかり筋肉は疲弊し、きちんと支えることができなくなってしまうのです。

そのため、首から下の部分に歪みが生じると「肩こり」や「腰痛」が、

首から上の部分にも歪みが生じると、前述のような舌根が沈下しやすい状態を作りだし、「いびき」や「無呼吸症候群」のような症状を起こすと考えられます。

 

ハンモックピローは、後頭部を布でつつみこんで空中で支え、頭の重量を布の張力によって多方向に分散させます。

それは、頭と首との力学的な関係が(主従関係)が、解消されるということを意味しています。

 

首は首、頭は頭、という独立した状態になるから、お互い補い合うことがなく(依存することなく)、それぞれの各パーツの補修作業に全力投球できる状態に入れるのです。

 

わかりやすい例で言うと、

あなたが足の悪い人をおんぶしていたとします。

長い距離を背負い歩き続けましたが、とうとうあなたも足を痛めてしまいました。

それでも、我慢して背負いながら歩き続けたとしたら、あなたもこの先歩けなくなりそうです。

そんな時、あなたならどうしますか?

共倒れする前に、一旦おんぶしていた人を下ろして休み、身軽になってから、

修復したり体勢を整えるのではないでしょうか?

 

これと同じ作業が、人間の身体のメンテナンスに必要なのです。

ハンモックピローは、力学的に頭の重さを取り去った上で、

軽い体操をすることで、身体を内側から調節します。

弱った筋肉によって、1mm単位で歪んでしまった骨格の歪みは、

顎の関節をずらし、舌根を沈下させることにもつながりますが、

ハンモックピローでゆらゆらするだけで、

人間の手では到底さわることのできない深層筋に働きかけるのです。

 

ハンモックピローは、開発者本人が長年苦しんできた肩こりや頭痛を、できるだけ薬に頼らないでコントロールできないかと考えたアイデアです。

しかし、お使いになっている方からは、いびきや無呼吸状態が改善されて驚いたというお話を、よく伺っています。

新たな発見をさせていただくと共に、お役に立てたことを心から喜んでおります。ハンモックピローを開発してよかったと報われる瞬間です。

 

このように、体験していただいている方の生の声が、たいへん大きな力になっています。

今現在も、いろいろな症状でお悩みの方に、

こういう使い方をしたとか、こんな時に役立ったとか、少しでもお伝えできますように、

皆様の貴重な体験談やご感想をお寄せいただければ幸いです。

 

http://m-i-story.com/contact/

 

 

 

 

 

 

 

無理しすぎていませんか?勇気を出して、休みましょう。

日本人は真面目で勤勉な人が多い、

世界中で認識されている国民性です。

 

たとえば、お昼休み。

日本の学校も会社も、だいたいが12時からお昼休みになります。

そして示し合わせたように、町中の飲食店が混雑し始めます。

 

混雑を避けたいのであれば、少し早目にお昼にすれば?と思いませんか?

12時になる15分前にお店に入れば、まだ席は空いています。

しかし、時間の融通がついたとしても、

なぜ、12時になってから入るのでしょう。

 

それは、お腹がすいたからお昼を食べるというよりも、

12時になったからお昼を食べるという習慣が幼少の頃から作られていて、

12時前にお昼を食べることに、違和感を感じるからです。

 

また、皆がそうすることを、自分もするべきだと、

固定観念に刻み込まれているのです。

 

もっと自由に、

あえて習慣を崩して、休むことも、

自分のバランスを立て直すために必要です。

 

そうしないと、

とても疲れているのに、休めない、

身体が危険信号を出しているのに、無理してしまう状況を、

勝手に作り出してしまうからです。

 

勤勉でまじめなことは素晴らしいことです。

しかし、習慣化している日常の中で、

知らないうちにストレスに苛まれているかもしれません。

 

いつもと違う変化をあえて行うことで、

自分の内なる声に耳を傾けてみませんか。

 

少しだけ、勇気を出して。

 

 

 

頭の重さから解放されて、自然治癒力をアップさせましょう。

「風邪でもないのに何となく調子が悪い」

「寝ても疲れがとれない」

「身体がだるくて元気が出ない」

そんなお悩みのある方にお聞きします。

肩はこっていませんか? 首はおつらくありませんか?

 

首こりや、肩こりは病気とは言えず、さほど重くとらえられてはいません。

しかし、実は肩こりは、一番多くの日本人女性がつらいと訴えている症状です。

また男性も、肩こりは腰痛についで二番目につらい症状と訴えているのです。

 

肩こりの原因は明らかになっておらず、確実な治療法もありません。

そのため、病院に行っても鎮痛剤や湿布などをもらう位で、根本的な解決に至らないのがほとんどです。

整体やマッサージに行って施術を受けても、その時はスッキリして楽になったとしても、時間と共にまたぶり返す場合がほとんどです。

それはなぜなのでしょうか?

 

地球の重力によって下に引っ張られる力に対して、人は抗重力筋が働いて良い姿勢を保とうとするのですが、筋力の低下や悪姿勢を続ける事によって、本来の頸椎や脊椎等のS字カーブが崩れて、身体の重量を支え切れなくなります。

身体の一番上にある頭は、ボーリングの球ほどの重さで、まるで漬物石のように、首だけでなく身体全体に負担をかけているのです。

そして、姿勢を歪ませることになります。

 

肩こりの原因は、病気からくる場合を除いて、姿勢が大きく関係しています。

そして、肩こりは、さまざまな身体の不調を作る原因になっているのです。

 

私は長い間、首や肩のこりや痛み、頭痛、倦怠感、不眠、自律神経失調症、メンタルに至るまで、さまざまな症状で苦しんできました。

各種病院を転々とし検査をしましたが、原因は不明で、医師は首をひねるだけでした。

対処療法として薬を処方されましたが、

薬を飲んでいる間は痛みや不快な症状は落ち着きますが、飲まなければまた症状が起こります。

 

薬は飲み続けるうちに、だんだん効かなくなって、更に大量の薬を飲むことになる事もあります。

薬なしではいられなくなるのは、不安でしかありません。

副作用も心配ですし、費用の負担も重くのしかかり、負の連鎖になってしまいます。

 

そんな経験をした中で、なんとか薬に頼らず、自分で自然治癒できないだろうかと考え、

姿勢を調節したり、首をケアする事の大切さに行きついたのです。

そして、ハンモックピローというアイデアを見つけました。

 

ハンモックピローに頭をのせると、首に頭の重量がかからなくなり、

パンパンに張っている首の筋肉がやわらかくなるのがわかります。

不思議と、首の力が抜けると、身体全体の力が抜けるのです。

 

首は、脳からの指令を身体中に伝える最初の関門です。

そのため首を解放し、積極的にケアすることで、悩みが解決することが多いのです。

 

頭の重さは、

頭の重さから解放されて初めて、

頭って、重い・・ということを認識することができます。

 

まだ、頭の重さに気付いていないのなら、

ハンモックピローをお試しください。

 

ハンモックピローは、日本国内で職人による手作りで製作し、

大量生産はしておりません。

価値をわかっていただいた方にのみ、お買求めいただければと思います。

頭の重さから解放される気持ちの良さを、是非ハンモックピローで実感してください。

 

ハンモックピロー

http://m-i-story.com/hammockpillow/

ご購入はこちら

http://www.m-i-story.jp/

 

良い眠りを作るためには、寝る前に5分でできる準備体操を。

熟睡できた朝は、頭も身体もスッキリしているものです。
逆に、良く眠れなかった朝は、起きるのもおっくうで、身体が重くてだるい状態ですね。

眠りの質を改善したいと思いませんか?

 

寝つきが悪かったり、寝返りばかり打っていると、睡眠を浅くし睡眠時間も短くしてしまいます。
眠れないと、頭の中で、良くない事をくよくよと考えたりして、ああでもない、こうでもないと堂々めぐりしているうちに、もっと眠れない状態になったりもします。

 

そんな悩みを解決するのが、寝る前に身体を整えること、寝る前の5分の準備です。

日中、起きている間、私たちの身体は重力によって、下に下にと向かっています。
いわば、上から押さえつけられているような状態です。
そのため、身体の各所に圧迫が加わって、姿勢が歪んでいます。

それが局所的に負荷がかかっていると、その場所やまわりの筋肉が硬くなり、血流が悪くなって痛みの物質を作り出します。

 

痛いと、良い睡眠にはいりずらいものです。
良い睡眠であれば、就寝中にこれらの状態を回復し、自然治癒する場合もあるのですが、
睡眠の質が低下すると、逆に疲労とともにつらい症状が蓄積していくのです。<br>

だからこそ、良質な睡眠を得るために、寝る前に身体をリセットしておくことをお奨めします。
いうなれば、睡眠のための準備運動です。

 

そこで、ハンモックピローの出番です。

肩や腰の筋肉が固まっている時に、ハンモックピローに頭をのせて、

少しずつ、ゆらゆら揺らします。

痛気持ちいい範囲で、首や肩や腕や腰や足を、脱力して軽く振る感覚で揺らしていると、

各所の筋肉が弛緩されていき、可動範囲が広がっていきます。

 

 

ご自身の身体と相談しながらこうした動作を行っていると、

だんだん身体の状態が把握できてきます。

例えば、違和感がある場所は、詰まっているんだな、などとわかってきます。

その場所は、ミシミシ音がしたり、感覚がいうもと違うのですぐにわかります。

自分でやるので痛く感じるところまでやらないで調節ができます。

自分が自分の感覚を感じながら行うので、安全なのです。
時間にすると、5分そこそこでも、それ以上でも、或いはもっと短い時間でもOKです。
気持ちよくなって、だんだん楽になって眠くなってくるので、
ゆったりと布団の中に入って、そのまま眠ればいいのです。

 

身体のどこかがしんどいと、なかなか寝付けないものです。
夜、眠れないな、神経が興奮しているな、などと悩んでいらっしゃる方、
 ハンモックピローを寝室に1台おいてあれば、薬も使わず、お金も使わず、寝る前の5分で睡眠の質が変わりまよ。

そんな悩みはもう捨てて、
今すぐにハンモックピローを、お試しください。

 

そして、ゆっくり軽ーく、ゆらゆらと身体を動かしてみましょう。
雲の上で転がっているようなイメージで、ゆったりとゆらゆら・・
大きな空の中で、翼を広げているような感覚で、腕をのばして深呼吸・・

 

肩の力が抜けていくのが感じられます。
呼吸が深くなっていくのがわかります。
今日一日の自分に、よく頑張ったねと、ほめてあげたくなります。

 

健康は、いい眠りから。

寝る前に、たった5分の、気持ちのいい習慣をつけてみませんか?

 
ハンモックピローのお買い求めはこちらから

http://www.m-i-story.jp/

 

 

脳を活性化して認知症を予防するには、アロマ&ハンモックピロー

最近、物忘れがひどいなぁと、感じる事はありませんか?そんなあなたにお奨めの方法があります。

 

それは、ハンモックピローとアロマの相乗効果で、脳を活性化する方法です。

 

FullSizeRenderこのアロマはハンモックピローミストと言い、香りは昼用と夜用があります。

「たけしのみんなの家庭の医学」(朝日放送)でも紹介された2種類のアロマで、物忘れ、認知症の予防、機能向上と改善がみられたと報告されているブレンドです。

 

アロマの柑橘系の香りには、交感神経を活発にし、脳を活性化させる作用があるのをご存知ですか?

匂いを嗅ぐことにより脳の司令塔と言われる前頭葉の血流が増え、ブドウ糖がより多くの神経細胞に届けられるのです。嗅覚と脳の働きは、深く関わっているのですね。

 

長年、認知症を研究している鳥取大学の浦上克哉教授によれば、嗅神経を香りで刺激することで、記憶力、集中力を強化し、認知症の改善に役立つとのことです。

 

また、前頭葉は思考や創造性、やる気、記憶、行動力をつかさどる重要な部位です。

そこに香りがアプローチすることで結果的に脳の活性化につながります。

さらに、ハンモックピロー体操で肩まわりの緊張を緩めて脳への血流を促進することができれば、パワーアップした相乗効果が期待できます。

 

それぞれのアロマを昼と夜とで使い分けて脳を活性化し、いつまでも自分らしく、明るい毎日を過ごしましょう。

http://www.m-i-story.jp/?pid=111534194

 

 

肩こり解消に、はたしてヨガは効果的か?

肩こりの方にとって、肩こり解消は永遠のテーマではないでしょうか?

 

肩こり解消のために、なんらかの努力をしておられる方は多くいらっしゃいます。

私も、何十年と肩こりに悩まされてきましたので、どうしたら肩こり解消できるかを日々考えております。

そして、自分の身体を使って、さまざまな肩こり解消法を試してきました。

 

ヨガもその一つです。

ヨガは呼吸法を取り入れながら、いろいろなポーズをとることで、

身体の隅々まで目覚めさせてくれる、素晴らしい健康法です。

 

しかし、ヨガでも体操でもそうなのですが、

通常行う動きの中で、どうしても頭の重さは首にかかったままで行います。

 

これは、首が緊張したままなので、肩こりが解消されにくくなります。

 

例えば、マラソンをする時に、皆さんは大荷物を持って走りますか?

aki_0346

 

 

 

 

筋肉をつけるために荷重をかけて走る場合を除いて、大荷物は置いて走りますよね。

足腰に負担がかかりますし、良いパフォーマンスが得られないからです。

 

当たり前のことですが、運動により効率的にパフォーマンスを得るには、余計な荷物は持たない方がよいのです。

それと同じで、肩こりを和らげる運動でより効率的にパフォーマンスを上げるには、余計な荷物(頭の重さ)を取り除いて、首や肩に負担をかけないようにするべきなのです。

 

肩こりが解消されると、首から上の血行が良くなり、顔のむくみやたるみも改善されるのだそうです。

フェイスラインや肩まわりもスッキリし、脳も活性化されて集中力が高まってくるので、

肩こりを治すことができれば、首から上がスッキリいい事ずくめなのですね。

 

肩こりはや首こりは、女性にも男性にも、大敵という訳です。

 

身体の状態は人それぞれなので、もちろん、ヨガや体操で肩こりが治る方はいらっしゃると思います。

しかし、ストレートネックや、頸椎椎間関節症などの方は、残念ながらヨガや体操では肩こりは改善されません。

 

首に何かしら問題がある方は、頭の重さを支え切れていないで、普段から首が悲鳴を上げているのです。

そして、いつも首回りが緊張した状態を持続していますから、

その状態で首に負荷をかける運動をすると、逆に首を疲れさせたり、痛めたりすることもあります。

これでは、元も子もありません。

 

では、どうしたら良いか・・・

肩こりに良いと言うヨガや体操をしても効果がでない方は、

首の負荷をとるハンモックピローで頭を支えてもらいながら、

軽ーく身体をゆらゆらと動かすだけの、ハンモックピロー体操をお試しください。

 

また、ハンモックピローの㊙テクニックをお伝えしますと、

ハンモックピローで頭を支えてもらいながら、浮いている首の後ろや、肩、後頭部などに軽く電動マッサージ機を当てると、

全身に響くような、まぁ何とも言えない究極の気持ちよさを味わえます。

実はこれ、ハンモックピローを購入して使って下さっている方からいただいた情報です。

今までに無かった斬新な使い方ですが、一日の、仕事の疲れが吹っ飛んで、

最高に楽になれる使い方なので、どうぞお試しください。

 

また、こんな使い方ありますよ、という情報がありましたら是非教えてください。

ブログでご紹介させていただいた方には、ハンモックピローミスト(昼夜用)1セットをプレゼントさせていただきます!

 

今なら、ハンモックピロー体操DVDがついてくるお得なキャンペーンがあります。

是非、こちらもご覧ください。http://www.m-i-story.jp/

お問合わせ  https://secure.shop-pro.jp/?mode=inq&shop_id=PA01353992

肩こり、首こり、腰痛対策「ハンモックピロー体操」DVDプレゼント

お待たせしました!ハンモックピロー体操のDVDが出来上がりました。

 

この度、ハンモックピローの使用方法がわからないという方のために、ハンモックピロー体操の基本をギュッと凝縮してつめ込んだ「ハンモックピロー体操基本編Vol.1」を作りました。

 

基本的に、ハンモックピロー体操は身体をリラックスしながら緩める体操です。

ご自分の凝り固まっている部分をほぐすように、ゆらゆらと揺すっていただくのですが、

より効果的に効果を実感していただける内容となっています。

 

このDVDは、ハンモックピローをご購入いただいた方だけに、特別にプレゼントさせていただきます。

(普段は1,944円で販売中です。)

 

ハンモックピロー体操は、5分~10分、寝たまま軽く揺れるだけのリラックス体操です。

肩こりでつらい、頭痛がする、腰痛、眼精疲労、ストレス、身体が重くだるい、とにかく疲れた、眠れない等、痛い、つらい、苦しいとおさらばしたい時に、驚くような効果を実感していただけると思います。

 

ハンモックピローに、ハンモックピロー体操DVDが付いてくる

このお得な機会に、是非お買い求めくださいね。

 

ハンモックピローご購入はこちら

http://www.m-i-story.jp/

 

 

 

冬季うつ病は日照不足が原因と言われているが、肩こりも原因かも?

冬季うつ病とは、冬場のみ限定でうつな気分になる季節性感情障害(SAD)のことを言います。

 

冬場になると元気が出なくて、まるで冬眠中の動物のように引きこもりがちになり、

運動しないで食べてゴロゴロしているので、体重が増えて余計に動きずらくなり、

何をするのも億劫で、楽しみもなく、表情も暗くなります。

 

冬季うつ病の原因を調べてみると、日照不足が原因でセロトニンが不足して起こると書かれています。

 

確かに、家の中にこもってしまえば、陽に当たる機会は少なくはなります。

しかし、原因ははたして、それだけなのでしょうか?

 

 

皆様は、冬場に首をすくめていませんか?

 

人間は命を守ろうとする本能で、体温を低下させないようにします。

特に首には太い動脈があり、首を冷やすことは即体温低下につながるので、
寒い時には無意識に首をすくめてしまうのです。
 

首をすくめるということは、当然肩がいかり肩になりますから、首や肩に力が入った状態になります。

すると、知らぬ間に背中も猫背になっていて、冬場は自然と姿勢が悪くなるやっかいな時期なのです。

 

姿勢が悪くなると、背骨の中を通る交感神経が圧迫されて働きが鈍るため、

抹消の血液循環が悪くなることで代謝も下がってしまいます。

交感神経の働きが鈍ると、脂肪を分解して燃焼させる働きも鈍ってしまいます。

 

そのため、冬場に太ったり、冬季うつ病のような症状が起こるのではないでしょうか。

寒さに対する自己防衛本能が、無意識に首や肩を緊張させ、姿勢の悪化を招き、

その結果、自律神経の異常やさまざまな症状を起こす・・・

のだとしたら、

まずは、できるだけ、身体を冷やさないようにすることが大切になります。

ヒートテックの下着などでだいぶ温かく過ごす事ができますし、首を守るためにハイネックの服を着てみたり、内側から温める漢方のお茶などを飲むのも良いかと思います。

身体を温かくすれば、天気の良い日に外に散歩に出かけて、太陽の光を浴びるのも苦になりませんから、

セロトニン不足の予防にもなりますね。

 

さらに、意識して姿勢を良くすることも忘れてはいけない事です。

寒いからこそ、あえて背筋を伸ばし、適度に運動をして、固まった筋肉をやわらかくしたいですね。

 

しかし、首回り、肩まわりの緊張は、自分ではなかなかが取りずらいものです。

 

そんな時には、

頭の重さから解放するハンモックピローに頭を預け、ゆったりとリラックスしてゆらゆらと揺れてみてください。

5分でも10分でも気づいた時に頭をのせて、肩や首を軽く動かすだけで、

今まで感じたことのない特別な変化を感じていただけると思います。

 

たこの糸は、ピンと張ったままでいると、どこかで切れてしまいます。

だから、時々ゆるめたりしながら、調整しないといけません。

 

冬の寒い時期こそ、

身体を温めながら、首回りの緊張をとる工夫もなさって、冬季うつ病などとも無縁の生活をしていきたいですね。

 

自分の身体と、上手に付き合っていきましょう!

 

 

NHK WORLD「great gear」でハンモックピローが紹介されました。

NHK WORLDは、世界約150カ国で視聴可能なテレビ放送です。そして、「great gear」は、海外のビジネス マンに日本の新製品や最新のビジネス情報を伝える番組で、 その番組内でハンモックピローを紹介していただいたことは、たいへん光栄なことだと思っています。

 

クリスマスイブの早朝には、日本でもBS1で放送していただきました。ダニエルダンカンさんが、実際にハンモックピローを体験して、コメントをくださいました。ありがとうございました。

 

アメリカの方、またヨーロッパの方からも、たくさんのメールをいただきました。

どうやったらハンモックピローが購入できるのかを、問い合わせてくださいました。

 

世界のどこにも、ハンモックピローと同じような品物は無いのです!

アメリカの施術家の女性には、ご自分のクライアントにハンモックピローがどのような効果があるのか、たいへん興味を持ってもらえました。

 

しかし、残念ながら、現在はハンモックピローは日本でしか販売していません。

まずは、日本の皆さんにもっとハンモックピローの良さをお伝えできればと思います。

そして、いつの日か世界の皆さんにも、お使いいただけるようになればと思います。

 

首や、肩や、腰や、頭や・・いろいろな辛さを和らげるハンモックピローで、

健やかな毎日をお過ごしください。

 

日本の皆様と、世界の皆様に、メリークリスマス。

 

肩こりは冬になると多くなる(防衛反応)

寒い冬、冷たい風に吹かれて、首をすくめていませんか?

背筋はピンと張っていますか?

知らぬ間に猫背になっていませんか?

sotomawari_samui_woman

誰もが寒さから身を守るために、無意識に首をすくめてしまいます。

なぜかと言うと、首には大きな動脈があり、それを冷やすと身体の体温が下がってしまうためです。

 

体温の低下は免疫力を下げて、様々な疾患を招いてしまったり、

酷くなると生命までも脅かすことになりかねません。

 

身体には自己防衛本能があり、自分では意識していなくても、

自然と首をすくめていたり、背中を丸めて内臓をかばったりしてしまうのです。

 

それが姿勢を歪ませ、筋肉を緊張させ、肩こりや腰痛、頭痛など様々な痛みを引き起こします。

 

もしも、これらの症状にピンと来る方がいらしたら、

今まで以上に、首を冷やさないという工夫をなさったらいかがかと思います。

 

外出時には必ずマスラーやストール、ハイネックなどの洋服で首を温めておくのは勿論、

家にいる時にも、首回りにタオルでもいいので巻いておくことをお奨めします。

couple_date_winter

ただし、首に負担をかけるような重いものは禁物です。

首にぶら下げないように、巻き方などを工夫してみてください。

 

また、5~10分の使用で、首回りの緊張がスッと抜けるハンモックピローを、

首こり、肩こり対策にいかがですか?

 

CIMG1693

ハンモックピローは特殊な形状の布で重い頭を安定して支えるので、

首や肩に入った余計な力が抜けて、軽くなります。

 

痛みやつらさを寄せ付けない、元気な冬を過ごすために、

首を温めたり、首に入った力を解放するハンモックピローを、是非毎日の生活に取り入れてみてください。

http://www.m-i-story.jp/

 

 

アーカイブ

Translate »